🎥 観客賞発表!!

2017年3月25日 更新

『まつもと子どもたちの映画祭8』観客賞が決まりました!
A プログラム・Bプログラム、圧倒的な得票数で
《MOOM ムーム》が受賞いたしました。!!
おめでとうございます♪
Matsumoto Kids Film Festival 8th
BEST ANIMATION
Audience Award
《MOOM》
Congratulations !!

『まつもと子どもたちの映画祭8』終了しました

2017年3月21日 更新

『まつもと子どもたちの映画祭8』大盛況のうちに無事終了いたしました!!
今年は約2100人の皆さまにお越しいただき、楽しい時を一緒に過ごすことができました。
ご来場のみなさま、どうもありがとうございました。

今年より全席指定にしたことにより、席取りの為に並ぶことなく、存分に《キッズ・ストリート》でお過ごしいただけたのではないでしょうか。
キッズたちには嬉しいプレゼント、アマールカのマントをひらひらさせながら、《キッズ・ストリート》を練り歩く姿も可愛かったですね♪

そして今年も力作揃いのぬりえも見応えたっぷりの439枚!
大人が夢中になって描いているのも最近の傾向です。

そして今年からスタートした『まつもと子どもたちの映画祭・観客賞』を決めるための、好きな作品への投票。
たくさんの心あたたまるコメントもありがとうございました。(観客賞は後ほど発表いたします)

もしかしたら、生まれて初めて暗い大きなスクリーンで映画を見た子もいたことでしょう。
途中で眠くなっちゃった子や、遊びに夢中になっちゃった子、歌にあわせてダンスしてた子、
ジャグリングや皿回しに一所懸命だった子・・・たくさんの子どもたちの笑顔に出会えました。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、の笑顔、そして、スタッフの笑顔が溢れるステキな空間でした。
みなさまのおかげで、とっても楽しい時間を過ごすことができました。
本当にどうもありがとうございました。

次回『まつもと子どもたちの映画祭9』は、2018年3月24日(土)に、まつもと市民芸術館主ホール、同じ会場で開催します。
今年以上に楽しんでいただけるよう、今日から1年かけてじっくり準備してまいります。どうぞ次回もお楽しみに!!

またお会いしましょう!!ありがとうございました💕

          一般社団法人松本映画祭プロジェクト

新着情報

🎥 観客賞が決定しました!

2019年4月8日 更新

まつもと子どもたちの映画祭10 観客賞が決定しました!
最優秀&Bプログラム観客賞《サムライエッグ》
Aプログラム観客賞《Lost & Found》
おめでとうございます
 
最優秀&Bプログラム観客賞《サムライエッグ》
 今やどのクラスにも何人かはアレルギーのお子さんがいます。そんなアレルギーに対する理解が深まるだけでなく、明るく元気に困難に立ち向かうシュンくんと、おかあさんの深い愛情と、親子の姿に深い感動を覚えた、実話を元にした作品です。

Aプログラム観客賞《Lost & Found》
 子どもたちにとって、初めてのエモーショナルな気持ち、「切ない」という感情を初めて味わったのではないかと思える作品でした。ある場面で大泣きする子どもがたくさんいました。アンケートにも「かわいそうだった」「かなしかった」「なきました」と子どもが書いてくれました。
 ハッピーエンドを望む声も多いけれど、そんな感情に出会えるのも映画だと、伝えたかった作品です

《まつもと子どもたちの映画祭 10》終了しました!

2019年3月31日 更新


今年は2100人もの皆様に、子ども映画祭を楽しんでいただきました。
階段を昇ってまっしぐらに映画祭のゲートに走ってくる子、ブースで夢中で遊んでいる子、映画をワクワクしながら観ている子、ぬりえやクルクルアニメに夢中な子、たくさんの子どもたちの笑顔に出会えました。
『アマールカに渡してね』ってアマールカへのお手紙を書いてきてくれた女の子もいました。『ねえねえ、来年もきたいけど、どうしたらいい?』って聞いてくれた子もいました。そんな子どもたちと一緒にニコニコしているパパ、ママがいました。
ブースでは、たくさんの大人たちが「どうしたらこどもたちによろこんでもらえるか」一生懸命考えた、楽しいブースに、たくさんの子どもたちの笑顔があふれていました。
5歳から11歳までのキッズボランティアも、大人に混じりながら頑張ってホスピタリティを発揮してくれました。始めは緊張気味だった高校生や大学生のボランティアも、いつのまにか子どもたちと一緒に遊んでくれました。そんなたくさんの笑顔に出会える映画祭を運営できる喜びいっぱいのスタッフの活き活きとした笑顔がありました。
来場してくれた子どもたち、ご家族、大人たち、映画祭を運営してくれたボランティアスタッフ、ブース出店してくれた企業の皆さま、ステージを盛り上げてくれたパフォーマーのみなさま、上映やステージのテクニカルスタッフのみなさま、シアターパークのママフェス手作りマルシェの出店者の皆さま、巨人の迷路を作ってくれたトモヤアーツさん…
本当にたくさんの人たちが、この日1日を楽しみ、支えてくださいました。
《まつもと子どもたちの映画祭10》にかかわる全ての方々に感謝申し上げます!
またこの会場でお会いするのを楽しみに待っています!
《まつもと子どもたちの映画祭11》2020年3月7日(土)にまたお会いしましょう!

まつもと子どもたちの映画祭10 当日券情報

2019年3月30日 更新

Aプログラム(午前の部)
S席→若干名(ほぼ完売)
A席1F席→若干名(ほぼ完売)
A席2F席→残席あり(指定席)
A席3F席→2F席販売終了後発売(自由席)

Bプログラム(午後の部)
S席→残席あり
A席1F席→残席あり
A席2F席→1F席販売終了後発売
(指定席)

*当日券は9:30より2F主ホール前で販売となります
*AプログラムS席がほぼ完売しておりますのでご了承ください

《まつもと子どもたちの映画祭10》
まつもと市民芸術館 主ホール
Aプログラム (午前の部)
キッズストリート 9:30〜13:00
ドアオープン 10:00〜
♪パラレルドリームミニライブ♪
映画上映 10:30〜12:10
(映画:せんすいかんウーリー、おかしなおさかな、アマールカ、ロスト&ファウンド、カニーニとカニーノ、パフォーマンス:マイチャン。たいそう、声優デモンスレーション、湯澤かよこ・絵本をうたおう、チョコ&ケイスケのカラフルサーカス)

Bプログラム (午後の部)
キッズストリート 13:30〜17:00
ドアオープン 14:00〜
♪パラレルドリームミニライブ♪
映画上映 14:30〜16:10
(映画:ふくろちゃん、アマールカ、せんすいかんウーリー、エイシャ、サムライエッグ パフォーマンス:エイサー、マイチャンたいそう、湯澤かよこ・絵本をうたおう、チョコ&ケイスケのカラフルサーカス)

もっとみる

テレビCM

まつもと子どもたちの映画祭8 テレビ信州でCM放映中!

マイチャン。たいそう

マイチャン。と一緒に『マイチャン。たいそう』!

テレビ信州マスコットキャラクターのマイチャン。と一緒に『マイチャン。たいそう』で
元気モリモリ!映画祭当日までに練習しておいてね!


『マイチャン。たいそう』についてはこちら♪
http://www.tsb.co.jp/information/mychan-taisou/index.html

メインキャラクター

もりのようせいアマールカ

本映画祭のメインキャラクターをつとめてくれているのが、
チェコで70年代から愛され続けているアマールカ
チェコの子どもたちはみーんなアマールカが大好きです。
いつも一生懸命で、笑顔も、困った顔も、
はっきり言いすぎてしまう口調も全てアマールカの魅力です。
子どものかわいらしさの全てがつまった
愛すべきキャラクターなのです。
大人も癒される、いつもとってもチャーミングなアマールカは、
大人の女性にも大人気です。

力作お待ちしてます!

アマールカのぬりえを持って映画祭に行こう!

アマールカのぬりえをぬって、会場に持ってきてください。
みんなのぬりえを会場に貼り出します。完成させて映画祭に持ってきてね!
展示してみんなに見てもらおう!
ぬりえの紙は、子どもたちの映画祭パンフレットか、
下のアマールカをクリックしてプリントアウトしてくださいね。

パンフレット

《表紙》
《ぬりえ》
《中面》

過去の

まつもと子どもたちの映画祭7
(2016年3月20日)
まつもと子どもたちの映画祭6
(2015年3月21日)
まつもと子どもたちの映画祭5
(2014年3月21日)
まつもと子どもたちの映画祭4
(2013年3月20日)
まつもと子どもたちの映画祭3
(2012年3月24日)

主催:一般社団法人松本映画祭プロジェクト 一般財団法人松本市芸術文化振興財団
共催:株式会社テレビ信州
後援:松本市 塩尻市 安曇野市
   長野県教育委員会 松本市教育委員会 塩尻市教育委員会
   安曇野市教育委員会 信濃毎日新聞社 市民タイムス 松本平タウン情報
   FM長野 読売新聞松本支局
協力:アットアームズ TONKO HOUSE Folimage オフィスH
   イベントナガノ RECASIN 嘉納研究所 長野映研 横山薬局 キーコーヒー